土づくりが大事|人気があるバラの栽培がしたい│ガーデニングを趣味にしよう
ファミリー

人気があるバラの栽培がしたい│ガーデニングを趣味にしよう

土づくりが大事

上手なバラの育て方を知っておくと、いざガーデニングづくりをするときに役立てることができるでしょう。秋冬シーズンにゲットしたバラの苗は、正しい手順で植え付けて育てることで来年の春頃にはキレイに花を咲かせてくれるはずなので、栽培をしたいのなら基礎知識をしっかりと習得しておくといいですね。この機会にバラの苗の植え付け方や管理方法について調べておきましょう。まずバラをしっかりと育てるためには、丈夫な土づくりをしていないとキレイに育ちません。バラの苗木を立派に育てたいなら土づくりを植え付ける約3時間~4時間ほど前に行なっておくといいでしょう。なぜなら、立派に育てるために配合した肥料から根っこを傷めてしまうガスが発生してしまうためです。3時間~4時間前に行なっていると土を安定させることができるので、このような一定期間をあけてから植え付けるようにするといいです。このように下ごしらえをした後に植え付けを行ないますが、販売されているバラの苗木には根巻き苗・ポット苗がありますので、両方とも購入した後は根をほぐして植え付けましょう。

植え付けから水やりまで順調に繰り返していったら、雑草とりや中耕を行なうとバラの根が綺麗に伸びだします。しかし、その頃になると病虫害予防も必要になってくるのです。アブラムシや黒点病などを見つけ次第、すぐに対処するよう心掛けることが重要だと言えるでしょう。対処方法は様々なので自分がやりやすい方法で行なうと負担をかけずに済みますよ。